建築 専門学校 (建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

コンクリートの圧縮試験/八王子キャンパス

2020年08月25日 コンクリートの圧縮試験/八王子キャンパス

現在、新型コロナウィルス対策として、多くの授業がリモートで行われています。しかし、設計製図、CAD、BIM、測量実習、材料実験等、どうしても学校へ登校して行わなければならない授業もあります。その場合には、1クラスを2つに分けて密にならないようにして授業を行っています。材料実験はもともと測量実習と同時に行っているので、ふだんから1クラスを半分に分けて授業を行っていますが、さらに3グループに分けて1グループずつ実験を行っています。
材料実験01
建築設計科2年生の材料実験の授業では、これまでコンクリートの調合設計(コンクリートの材料であるセメント、砂、砂利、水の割合を決めること)を行い、材料の計量後、供試体(コンクリートの圧縮強度を測るために、製作する円筒形のコンクリート)を作成しました。今回は、シュミットハンマーによる非破壊検査で硬さから強さを推定した後、写真の万能試験機にかけて4週間後の圧縮強度を測定しました。同じ調合のコンクリートでも、プラモールドという型枠に詰める方法を工夫することで、かなり強度に差が出るなど、建築施工の勉強にもなりました。(担当:長島)
材料実験02


n-38119754 at 16:19 | この記事のURL | |