建築 専門学校 (建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

設計製図3 作品発表会 〜その1〜

2012年07月27日 設計製図3 作品発表会 〜その1〜

課題名『パブリックスペースをもつ棲の集合』


先週末に課題提出日があり、とうとう発表会の日がやってきました

この課題の敷地条件の難しいところは、L字型の不整形な土地。間口が狭いこともあり、南側からの採光を確保しようと単純に側窓をつけると、お隣さんに「見てくださ〜い」となってしまうのです。でも北側には緑道があり、外構計画が上手くいけば、とても魅力的な計画にもなる条件です


この発表会は2回に分けて全員の発表を行ないます。
1回目の本日の発表では、残念・・・といった気持ちがのこる発表でした。
おもしろい発想をしているのに、それを伝えきれないプレゼンテーション力の弱さがあらわに…。
自己PRしろ!と急に言われてとまどうのと同じように、作品の良さを他者に伝えることを構えちゃっています。準備不足というか、遠慮しすぎというか・・・・


計画した建物を利用する人のことを まずイメージしてください

人がいて建築物は存在する意味があるのです。 その人を想像できないのならば、建築物を設計することなんてできません。 皆さんは 曲がりなりにも今まで設計してきたんだから、設計する際の意識の中には、人は存在しているはずなんです。その人がどう使えるのか、どういう効果が生まれるのか、どういう気持ちがするのか…。誠心誠意伝えてください。上手に話せなくても気持ちは伝わります

来週の第2回目の発表会も楽しみにしています。 

想像にお任せします…みたいな無責任な印象になるプレゼンテーションはなしだよ!!  

やるしかない  (担当:大竹)

製図3武川
製図3木津川

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |