建築 専門学校 (建築学科・建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築学科/建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

研修日記(建設編2)/海外デザイン研修

2010年10月27日 研修日記(建設編2)/海外デザイン研修

布板

布板2

本日は、中国での建設現場の足場について報告いたします。よく見かけたのが写真のパターンで、単管本足場が主流です。ただし、職人が乗っている部分(作業床といいます)が、日本では鋼製足場板や合板足場板であるのに対し、竹を割いたものを組み上げて作業床にしています。幸い、町の中を散策したときに分解した(と、思われる)足場のパーツを見つけました。この状態の竹を、作業床や落下防止の巾木として使用しているようです。(担当:赤石)

単管・・・工事現場でよく使用される鉄パイプのこと。
本足場・・・門型に組み立てた単管を連結し、そこに作業床を架ける足場で、安定した足場になる。

 

 

 

 

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |