建築 専門学校 (建築学科・建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築学科/建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

建設現場見学

2008年11月27日 建設現場見学

6b36a5fd.JPG

ad8556e6.JPG








年生の建築施工、設備設計、構造設計を専攻した学生が、蒲田キャンパスの新校舎工事現場と、ある公共建築物の仕上げ工事現場を見学実習しました。工事現場の見学は、危険が伴うこと、建築主の許可も必要なことなどから、なかなか実現させるのが難しいのですが、専門学校の先生は全員が建設会社や設計事務所などで仕事をしてきたベテラン揃いなので、このような実習が実現できます。新校舎工事現場は土工事の最中で、山止めをソイル柱列工法で行い、ソイルが固まった部分から順に根切りを始めています。見学では、地面から4メートルほど下がった1次掘削の根切り底まで降りてそれらを触りながら学習できました。(担当:赤石)

山止め・・・根切りをした時に、掘った地面の路肩部分が崩れないようにせき止めること。
根切り・・・建物の基礎や地下室を工事するために地面を掘削すること。

ソイル・・・ソイルセメントのことで、地面の土とセメントを混ぜて固めること。

86aa87ab.JPG

また、仕上げ工事現場では、仕上げで隠れてしまう空調や給排水の設備配管や躯体の完成部分を中心に、天井を見上げながら時間ほど見学しました。どちらも建物が完成した後では見ることができないものなので、学生も興味を持って見学して理解を深めることができたようです。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |