建築 専門学校 (建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

現在開催中のコンペティション

2007年03月27日 現在開催中のコンペティション

現在開催中、募集中のコンペの中から、学生の皆さんにも参加資格があり、かつチャレンジしがいのあるものを取り上げてみました。(担当:橋本)

◆2007リフォーム&リニューアル設計アイデアコンテスト

募集内容:
都市や建築がリフォーム・リニューアルによって再生されるための、長寿命や環
境・快適性・保存性などを意図したアイ デアと実例

主催:建築リフォーム&リニューアル展組織委員会
後援:株式会社 テツアドー出版

審査員:
【審査委員長】
鈴木エドワード(鈴木エドワード建築設計事務所代表)ほか

応募期間:
2007年4月10日 当日消印有効(事前の登録は必要ありません) 

詳細URL:
http://www.rrshow.jp/RR2007/RR-cntst.html

***********

◆“今世紀のダ・ヴィンチを探せ!”国際アートトリエンナーレ2007

募集内容:
絵画・版画・写真・デザイン・イラストレーション・映像・他・新しいメディア

主催:
大阪芸術大学藝術研究所“世紀のダ・ヴィンチを探せ!”事務局

審査員:
塚本邦彦(大阪芸術大学、理事長・学長)、岩城見一(京都国立近代美術館館
長)、コシノヒロコ(ファッションデザイナー )、ロマン・ラクロア(ポンビ
ドウセンター[パリ国立美術館])、浅井慎平(写真)、石井武夫(美術)、岩
崎冨士男(CF)、小 池一夫(漫画)、塚本英邦(情報)、中林忠良(版画)、
松井桂三(グラフィックデザイン)、山縣熙(美学)

応募期間:
2007年7月1日〜8月31日 必着

詳細URL:
http://www.osaka-geidai.ac.jp/index.html

◆デジタル建築・卒業設計コンペティション´06 -´07

趣旨:
日本初のコンピューターが誕生して50年という記念すべきこの年に、卒業設計を
対象としたオープンなデジタル建築のコ ンペティションを開催。学生作品の発
表の場を開拓すると共に、「作品を蓄積し、デジタルアーカイブとして未来に残
す」、 「教育分野における建築設計のデジタルデザインの更なる躍進に貢献す
る」ことを目標として、ここに「もうひとつのステ ージ」となる新しい作品発
表の場を提案したい。

応募期間 :2007年7月31日 必着

募集内容:
応募者が所属する学校に卒業設計または修士設計として提出した建築作品のCG動
画。(最低15秒以上) ・テーマや建 築の用途・規模は問いません。 

主催:デジタル建築・卒業設計コンペティション組織委員会、エーアンドエー株
式会社


審査員:
岡部憲明(建築家:岡部憲明アーキテクチャーネットワーク代表・神戸芸術工科
大学教授)
新井清一(建築家:アライアーキテクツ/A-bands代表・京都精華大学デザイン学
部建築学科教授)ほか

詳細URL:
http://www.aanda.jp/~d_arch/archi_top.html 

***********
 

◆第42回セントラル硝子国際建築設計競技「環境動物園」

応募期間:2007年7月25日

募集内容:
「ランドスケープ・イマージョン」「エンリッチメント」「行動展示」など、展
示コンセプトが変化を見せ、最近話題の動物園が テーマ。

審査員:
伊東豊雄、岡本賢、山本理顕、櫻井潔、芦原太郎、隈研吾、硯川豊

主催:セントラル硝子、新建築社

詳細URL:
http://www.cgco.co.jp/kyougi/

***********

◆第14回 空間デザイン・コンペティション 

応募期間:
登録申し込み締切日 2007年8月3日(金) (当日消印有効)
応募作品締切日 2007年8月20日(月)

募集内容:

A.【提案部門】
 課題 駅の未来をつくるガラスブロック
 今年は日本でガラスブロックがつくられはじめて50年になる。この50年間生き
続けてきたガラスブロックは、古くもあれ ば新しくもある。そしてまだまだ建
築空間のなかで新しい魅力を引き出すことのできる材料でもある。今回は「駅の
未来 をつくるガラスブロック」というテーマのもとに、これからつくられるで
あろうさまざまな駅のデザインのなかで、ガラスブロッ クの新しい使い方を見
出して欲しい。(以下、詳細は下記サイトURLにてご確認ください。)

審査員:
委員長  香山 壽夫 (東京大学名誉教授)
委員 可児 才介 (大成建設 常務 設計本部長)、安田 幸一 (東京工業大
学大学院助教授)、大工 信隆 (日本電 気硝子 執行役員 建材事業本部長)
コーディネーター :馬場 璋造 (建築情報システム研究所代表)

主催:日本電気硝子株式会社
共催:株式会社 建材社 、日本硝子建材株式会社、エヌイージー建材株式会社
後援:株式会社 新建築社

詳細URL:
http://www.neg.co.jp/kenzai/compe/14/compe14.htm

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |