建築 専門学校 (建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

建築設計科blog

2006年08月23日 コンクリートの強度試験

2d58e07d.jpg夏休みも終わりに近づいています。8月19日の体験入学では3名の参加者がコンクリート作りにチャレンジしました。コンクリートは砂と砂利とセメントを水で練り合わせて固めたもので、建築には欠かせない材料のひとつです。この日はそれぞれの材料を決められた重量分計測し、ていねいに混ぜ合わせてテストピースを作りました。セメントには特に早く硬化する超早強セメントを使用したので、1時間もしないで円筒形の形に固まりました。参加者には、1日後にどれだけ硬く固まったかをブログで報告すると約束しましたのでデータを示します。(担当:赤石)

○圧縮荷重をかけて破壊したときの荷重
(8/19製作、8/20試験)


(写真左から)
Y君…9,100N(約910kgf)
K君…25,300N(約
2,530kgf)
I君…25,200N(約
2,520kgf)
単位はN(ニュートン)です。1kgfは約10Nです。

テストピースとは供試体(きょうしたい)ともいい、コンクリートの強度検査をするために作る円柱形をしたコンクリートの塊のことをいいます。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年08月22日 「建築パース2006展(東京展)」に出展

パース展

建築設計科とインテリア・プロダクトデザイン科の学生が制作しました作品を「建築パース2006展(東京展)」に出展しております。

授業などで取り組みました作品制作のほんの一部ですが、お近くにお立寄りの際には、見学して下さい。 (担当:清水)

 

 

 

 

会 期:2006年8月23日(水)〜8月29日(火)
23日        PM1:00〜PM7:00
24〜26日 AM10:30〜PM8:00

27〜28日 AM10:30〜PM7:00
29日        AM10:30〜PM5:00

 
会 場:銀座・伊東屋 9Fギャラリー [東京都中央区銀座2-7-15]

 

画像は、作品の一例です。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年08月21日 スペシャルイベント!8月26日(土)

OC+体入  夏休みも残りわずかとなりました。 今夏の「オープンキャンパス+体験入学」も残り、8/25(金)・26(土)・27()です。 8/26(土)は、テクノロジーカレッジ・スペシャルイベントとして、『人気講師大集合!』です。 建築の世界や魅力について詳しく知る絶好のチャンス!建築やものづくりに興味のある人は、ぜひ参加して下さい。 それぞれのキャンパスで次のゲストを予定しています。 (担当:清水)

蒲田キャンパス武井 誠先生(建築家/TNA 主宰/一級建築士/本校講師)Casa BRUTUSや新しい住まいの設計(2006年7月号 「感動!の家を建てる30代建築家14人」)に登場した、若手建築家の一人です。

八王子キャンパス:佐々伸子先生(建築家/本校講師)イタリア・ミラノでの留学・建築実務経験の後、現在独立して活躍中の新進気鋭の女性建築家。(先生のご都合により当初予定の先生から変更になっています)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年08月20日 アルミの空間!

f0cf0448.jpgものづくり工房(八王子キャンパス)でのアルミフレームの建築工事(CROSSKUBIC)が、本格的にスタートしました。これはオフィス家具のメーカーとして有名なコクヨ株式会社が、家具製作の技術を建築に応用し、建物の構造体と机や収納などを一体化して制作する新しい発想の建築です。この夏休み中に5m×9mの平屋建てを完成させ、後期授業の実習で内装のアレンジなどができるように計画しています。今日はフレームと呼ばれる柱・梁に相当するパーツを搬入し、組立の段取りを始めました。今後、組みあがっていく様子をお伝えします。(担当:渋田)

n-38119754 at 9:0 | コメント(0) | この記事のURL | |

2006年08月19日 設備の見学(中央監視室)

64c3d12f.jpg設備の授業で中央監視室を見学したときのようすです。八王子キャンパス内では、各校舎の冷暖房にコージェネレーションシステムを導入しています。研究棟校舎の地下室にエネルギーセンターと呼ばれる巨大な建築設備があり、ガスの力で一挙に電気と熱を取り出して効率よく各部屋に分配することで省エネルギーを達成する技術です。2年生になると実際にボイラー・熱交換器などの設備機械や、それらをコントロールする中央監視室、冷・温水や電力を各校舎まで分配する共同溝などを見学します。今の建築では欠くことのできない建築設備、しかし実際には目に見えてこない部分をこのように体験しながら知識を深めていきます。(担当:赤石)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |