建築 専門学校 (建築学科・建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築学科/建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

建築学科/建築設計科blog

2007年01月31日 建築家 安藤忠雄

fddfbd9d.jpg2月に行われる「ものづくりフェスタ2007」が迫ってきました。建築設計科では卒業制作の取組みもラストスパートを迎えています。ものづくりフェスタでは、23日(金)に、世界的に有名な建築家である「安藤忠雄」さんをお迎えし、「感動授業・ものづくりの魅力」と題して、建築を通して、ものづくりの楽しさを語って頂くことは既にご紹介致しました。皆さんは、安藤忠雄さんをご存知ですか?

 

まずは、プロフィールを紹介します。

 

1941年大阪生まれ、プロボクサーをへて、高校卒業後、独学で建築を学ぶ。数回の世界放浪の後、69年に安藤忠雄建築研究所設立、「住吉の長屋」で日本建築学会賞を受賞(79年)、89年「光の教会」、92年「セビリア万博日本政府館」、02年「フォートワース現代美術館」など。プリツカー賞(95年)やアメリカ建築家協会ゴールドメダル(02年)などを受賞。文化功労者、東京大学名誉教授。著書「建築を語る」「連戦連敗」など。

 

プロフィールの中で何といっても、建築については「独学」というのが、信じられないというかすごいですね。自分の夢を実現するには、学歴ではなく「やる気」と「情熱」であることを証明してくれた代表であると思います。建築設計科で学ぶ学生の皆さんにとっても大きな励みとなります。(担当:上田)


安藤忠雄さんの講演は、高校生が参加対象で予約制となっています。定員となり次第締め切らせて頂きます。申込みはこちらから

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2007年01月30日 短期課題−構造とデザイン−2

短期課題3短期課題のエスキース指導の様子です。以前にもご報告したこの課題は、美しさと同時に強さを競い合う設計課題です。中間指導には、普段、指導している建築家の先生に加えて、構造分野を教えて頂いており、かつ現役の構造家でもある先生にも見て頂いています。強さにも挑戦するという初めての課題にアイディアを先生にぶつけています。さてどんなアイディアがでたんでしょうか?(担当:松村)

 続きを読んで下さい。 

短期課題2

 

まずはスケッチブックに自分の思い描いた形を描き、それをどのように作ることで強さを持たしていくか考えていきます。

 

短期課題4

 

使うことが指定されている細い角材を束ねて太い柱にしようとしています。果たしてうまくいくのでしょうか?

 

 

短期課題6

 

この学生は一端できあがった模型を試しに重しを乗せています。外側を横格子の様にデザインしたようです。さぁ、どのくらいまで耐えられるでしょう。

結果は又ご報告致します。こうご期待。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2007年01月29日 測量実習・高さの基準

測量実習3

昨日、このブログで「ベンチマーク」をご紹介をしました。 「ベンチマーク」の役割、重要性を理解して頂いたかとは思います。本日は、測量実習の様子をお伝えします。

「オートレベル」という測量器具を使用して「高さ」を測ることについて実習しました。「オートレベル」は、簡単にいうと視準軸を水平に保つ機能を持った望遠鏡のことで、この望遠鏡で測点に立てたスタッフ(=大きな物指し)の目盛の値を読みます。

例えば、A点とB点というように高さの違う場所2点で見えた目盛りの値を読みます。そして、その差を計算するとこれが高低差になるという具合です。高さの基準が分かっている点(ベンチマーク等)から順次この作業を行っていくとあらゆる場所の高さが測定できるのです。

 

ところで、皆さんは日本の測量をする時の高さの基準点がどこにあるかご存知ですか?(担当:久本)

「日本水準原点」といい、国土地理院が定めて(標高24.410mの地点)なんと永田町1丁目、国会議事堂のすぐ隣りにあります。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2007年01月28日 ベンチマーク

0ef5fab2.JPG
何の写真か分かりますか。これは昨年八王子キャンパスのものづくり工房建築工事現場で見つけたものですが、ベンチマークといいます。中央の杭に釘が見えますが、これが建物を建てる時の位置の基準なのです。この釘から測量機器で測り出して、通り芯(建物を平面的に見た場合の縦・横の位置)と高さを確認しながら、工事を図面どおりに進めていきます。周りの3本の杭は、ベンチマークが少しでもズレないようにするための養生です。工事現場で見かけたら、絶対いたずらしないでくださいね。(担当:赤石)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2007年01月27日 短期課題−構造とデザイン−1

短期課題1建築はただ形がきれいだったり、かっこよかったりすればよいモノではありません。機能的であったり、はたまた使いやすかったり。その中の重要な一つの要素に構造があります。すなわち強さです。短期課題ではある大きさのオブジェを作り、その形の美しさと共に構造的な強さも評価する課題に取り組み中です。材料は皆同じ細い角材を使用します。写真は最も簡単な例として出された模型です。強さの判断は水の入ったペットボトルを載せていくという方法で行われていきます。さぁ、どのくらいの水が載るかっこいいオブジェが出来るか楽しみです。(建築:松村)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |