建築 専門学校 (建築学科・建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築学科/建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

建築学科/建築設計科blog

2006年07月17日 海外デザイン研修

海外デザイン研修-2海外デザイン研修-

 

 

 

 

建築設計科では、選択授業として海外デザイン研修」を実施しています。

百聞は一見にしかず!書籍やビデオなどでは感じることのできない、本場の素晴らしい建築や空間を、約1週間にわたりドップリと異文化体験します。

旅費も格安で、団体ツアーの特典や効率良く見学先を廻れるように準備・計画中です。

今年度は、ミラノ(イタリア)、バルセロナ(スペイン)、パリ(フランス)の3都市(3ヶ国)を訪れる予定で、建築を見るだけでなく、その国の文化に触れ、国際的感覚も身につけてもらいたいと思っています。 (担当:清水)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年07月16日 授業評価アンケート

アンケート

夏休み前の授業も残りわずかとなり、いよいよ夏休みですね。

どの授業も最終日には学生(無記名)による「授業評価アンケート(マークシート形式)」を実施しております。

この「授業評価アンケート」の目的は、授業担当教員が学生の意見を聞くことで授業改善を図ることにあります。さらには、学生と教員との意識のズレを解消し、一方通行の授業をなくし、学生とのコミュニケーションを密にすることによって、よりよい授業を実現するために実施しております。 (担当:清水)

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年07月15日 オープンキャンパス+体験入学

TVCMロボット

 

 建築の楽しさ、面白さは 

    建築の難しさ、奥深さは

        建築の仕事、進路は

 

 と考えているより、

 

日本工学院の「オープンキャンパス+体験入学」に一度参加してみませんか?体験実習を通して、建築の魅力を感じることができることと思います。いよいよ、来週からはじまります。

 

体験入学では、自分の好きなこと、やりたいことがきっと見つかるはずです!

学科の特長や授業、2年間の学校生活、資格や就職のことなどについても分りやすく説明します。そして、いろいろな疑問や質問にもお答えします。学生食堂を利用したり、学生寮の見学もできます。さらに在校生が一生懸命に取り組んだ学生作品の展示もあります。 オープンキャンパス+体験入学」には、在校生スタッフもいます。先生の話だけでなく、学生の本音も聞いてみて下さい! 

 

八王子キャンパス蒲田キャンパスにて同日開催しております。 お待ちしております。 (担当:清水)   

 

画像は、日本工学院テクノロジーカレッジ TVCMで撮影しました話題のロボットです。キャンパス内で会えるかも?

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年07月14日 光の箱 2 −光をテーマにした空間デザイン−

光の箱 2光の箱の第二弾を紹介します。 この作品は、「光の色」がテーマで、幾つかの空間が奥に連なっていて、そこに違った色の光が差しているという作品です。

光の強さによっていろいろな表情を持っていて、まるで、朝、昼、夜と表情を変える部屋のようです。

この空間を実現するために幾つかの箱を組み合わせたり、光の入り方を工夫したりといろいろ苦労したそうです。(担当:松村) 

 

それでは、デザインした学生に話を聞いてみましょう。

学生のコメント
この空間は光がなければ真っ白な空間です。
この真っ白な空間を光を使ってどう色づけするかが一番難しかったです。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2006年07月13日 光の箱 1 −光をテーマにした空間デザイン−

光の箱 11年生前期、課題で「光」をテーマにした空間を設計する課題を行いました。

空間をデザインする初めての課題。最初は、皆、何をしたらよいかわからず苦労していましたが、徐々に、手を動かしスタディと実験を繰り返しながらの設計方法を学び、楽しく設計を進めていきました。

 

今回、紹介する作品は「北の深海」というテーマの作品です。

ブルーの光に包まれながら光と静けさを感じられるきれいな作品ですね。

この空間を設計するのにいろいろ工夫したようです。 (担当:松村)

 

それでは、デザインした学生に話を聞いてみましょう。

学生のコメント:今回は「光の箱」という課題だったので、光の中でも「寒そうな光」が表現出来ないかと考え、青の光を入れることにしました。箱の形を工夫するのと同時にアクリル棒をさして光を入れ、何とかうまく寒そうな光が表現出来たのでは考えています。自分にとって今回の課題は、いかに光をきれいに入れるかを考えて、ある程度自分の思い通りのモノが出来てうれしかったです。奥行感をだす工夫や貼る素材など悩みも多かったですが出来たうれしさは大きかったです。

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |