建築 専門学校 (建築学科・建築設計科)

テクノロジーで社会を豊かにする。



蒲田 八王子 建築士・デザイナーを目指す人のための資格・就職・学生作品ブログ 建築学科/建築設計科blog

オープンキャンパス・体験入学

建築学科/建築設計科blog

2020年01月17日 一次審査結果/高校生けんちくコンテスト

第10回「日本工学院×Autodesk 高校生けんちくコンテスト」の審査会が、2020年116()に八王子キャンパスにて行われました。ここに一次審査通過者を発表します。今回のテーマ「サステイナブルな家」に対して、36校153作品の応募がありました。たくさんのご応募ありがとうございました。(担当:上田)

<一次審査通過者(敬称略、あいうえお順)

渥美 恒(東京都立蔵前工業高等学校)

石川 凌太朗(富山県立高岡工芸高等学校)

石山 沙羅(佐賀県立唐津工業高等学校)

大槻 凜花(宮城県白石工業高等学校)

大村 真生(私立日本大学三島高等学校)

加藤 涼/白井 愛莉/西本 夏穂(福島県立福島工業高等学校)

亀井 優希(東京都立工芸高等学校)

菅野 政貴(国立釧路工業高等専門学校)

城戸 芹香(愛媛県立内子高等学校)

木下 凛々(東京都立工芸高等学校)

清原 美優香(富山県立高岡工芸高等学校)

空閑 愛美/古川 杏(神奈川県立神奈川工業高等学校)

楠 和樹(富山県立高岡工芸高等学校)

小林 紀博(北海道札幌工業高等学校)

斎藤 勝馬(神奈川県立藤沢工科高等学校)

佐藤 輩人/池島 智秋(北海道苫小牧工業高等学校)

三宮 駿之介(東京都立工芸高等学校)

東海林 駿斗/大澤 颯太郎/秦 光汰/熊澤 大輝
(東京都立八王子桑志高等学校)

高野 春佳(秋田県立大曲工業高等学校)

高橋 蒼馬(秋田県立大曲工業高等学校)

高橋 鉄三/井元 翔那(北海道苫小牧工業高等学校)

飛澤 圭亮(国立釧路工業高等専門学校)

中浪 優一(静岡県立科学技術高等学校)

中村 美月(富山県立高岡工芸高等学校)

西屋 信輝(埼玉県立大宮工業高等学校)

藤本 野乃香(青森県立青森工業高等学校)

穂刈 望琴(福島県立郡山北工業高等学校)

水谷 右京(埼玉県立大宮工業高等学校)

南 空(沖縄県立八重山商工高等学校)

宮崎 貴也(富山県立高岡工芸高等学校)

吉田 直矢(埼玉県立大宮工業高等学校)

渡邊 永惟(北海道札幌工業高等学校)

渡邉 沙紀(東京都立蔵前工業高校)

・・・・・・・以上41名(33作品)・・・・・・・・・・

金・銀・銅およびオートデスク賞の入賞者は、2020年229(土)に行なわれる日本工学院高校生コンテスト表彰式にご招待いたします。招待者には2月上旬までに郵送で通知いたします。
156
審査風景

n-38119754 at 12:57 | この記事のURL | |

2019年12月24日 文部科学省委託事業 第三回委員会開催/八王子キャンパス

IMG_7804
日本工学院八王子専門学校では文部科学省委託事業を行なっており、地域の企業や大学、行政と一緒になって、今後必要となる建設系の人材を育てる方法を考えております。

IMG_7880

1212日に開催した第3回委員会では、株式会社番匠 田子和則氏をお招きし、「日本の伝統技術と木の総合文化」をテーマに講演していただきました。「木の文化をもう一度見直すことで、時間は掛かるが地球規模の環境破壊は改善する」と熱く語っていただきました。委員の方も、熱心に聞き入っていました。2020年3/1719まで東京流通センターで開催される「ワールド・ウッド・デイ」に本校も参加します。是非、木の文化を感じに来てください。(担当:小林猛)

n-38119754 at 9:29 | この記事のURL | |

2019年12月12日 大田まちづくり学_第9回_建築学科3年/蒲田キャンパス

本日(12/11)は大田まちづくり学 第9回で、モクチン企画+@カマタの連 勇太朗様に「大田区の地域資源とネットワーキングアーバニズム」と題して講演いただき、「モクチン企画」と「@カマタ」について、プロジェクトの立ち上げから現在に至るまでのプロセスを快活な語り口で話していただきました。IMG_1686
モクチン企画の「モクチンレシピ」、「モクチンパートナーズ」や@カマタの「クウチ」、「ブリッジ」、「ソウコ」「コウカ」などのプロジェクトは、どれもネーミングも切れ味よく魅力的な内容でした。@カマタは働き方自体をデザインすることに挑戦していて、それは自立して仕事を持っている仲間が集まり、緩やかに連携して、成果を出していくことですと説明がありました。こうした蒲田をフィールドに取り組まれていることは、これまでの建築とまちづくりの活動分野を拡張させる新しいもので、これから社会に出ていく学生たちはとても関心を示し刺激を受けていました。IMG_1711
本日の大田まちづくり学 2019年の最終回の講義に、お忙しい中ご対応いただきまして誠にありがとうございました。(hira

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2019年12月05日 大田まちづくり学_第8回_建築学科3年/蒲田キャンパス

  本日(12/4)は、東急リニューアル株式会社の山岸様に建築とリノベーションについて講演いただきました。東急プラザ蒲田、渋谷地下鉄ビルなど豊富なリノベーションの実例を通してその設計・施工のポイントを説明いただきました。IMG_1625
その中でリノベーションとは「時と共に失われていく建物の価値を守りさらにその価値を高めること」、「建築を長く使うために知恵をしぼりフローからストックへの転換を図ることで環境へ配慮をすること」、それがリノベーションの社会的意義であることを詳しく説明いただきました。学生からは「減築」について質疑がでるなど、リノベーションの知識を深めていたと思います。お忙しい中ご対応いただきまして誠にありがとうございました!(hira

n-38119754 at 9:0 | この記事のURL | |

2019年11月30日 サンゲツ ショールーム見学/蒲田キャンパス

今日は教室を飛び出して、内装材メーカーのショールーム
見学会を開催!
インテリア専攻の2年生約50名で、品川にある”サンゲツ”の
ショールームに・・・。
IMG_1253

インテリアでとても大切なことは、「素材の特性」を知ること。
温かみのあるもの、落ち着くもの、光沢があるもの、エレガントな
もの、掃除しやすいもの、メンテナンスフリーのものなどなど。
用途(店舗や公共施設や住宅のこと)や使用する場所(床・壁・天井)
など、選ぶ素材によってその空間を利用する人の気持ちが大きく
左右されます。だから、内装材ってとても大事なんだね。
それともうひとつ大事なことは、これ。
「色の組合せ」
文化に裏打ちされた色の組合せは、誰が見てもシックリとくるもので
なければなりません。ベースとなる色にアクセントカラーをどのように
組合わせるのかは、時代が進んでも変わることがありません。

まずはショールームを見て、内装材に触って、何かを感じとってくれた
のではないでしょうか。
学生にとって素晴らしい見学会になった半日でした。
サンゲツ様、ご説明いただまして ありがとうございました。(190)
IMG_1257








n-38119754 at 7:0 | この記事のURL | |